【オリンピアスキーセンター新設】もっと子どもたちや初心者にやさしいスキー場へ!!

サッポロテイネスキー場(加森観光株式会社、本社:札幌市中央区、代表取締役 加森 公人)は北海道命名150年の2018年、「子どもたちにやさしい、初心者にやさしいスキー場」を実現すべく、収容人数3,000名の休憩室を完備した「オリンピアスキーセンター」着工、加えて「ローディングカーペットシステム」( リフト乗車補助装置)、「風防付き スノーエスカレーター」導入により総投資額15億円を掛け、札幌市内のスキー学習の小・中学生や北海道外からの修学旅行生にとって快適なスキーの環境を整えます。

札幌の子どもたちの健康を願い、道産子ならではのウインタースポーツをこれまで以上に楽しんでもらうことを目的としています。

詳細はこちら

 新スキーセンターニュースリリース